楽しいサークル
ぜったい見つかる

サークルで、趣味やスポーツを楽しもう!

 注目のサークル

 新着のサークル

 いま「参加した人」がいるイベント

 最近のブログ

サークル活動レポート

2019/05/22 5/22(水) 読書会

5/22 品川朝活レポート:読書会

本日は4名で朝活-読書会を実施しました! 写真を撮り忘れてしまい、、昔撮った写真で代用(笑) 本日のアウトプット本の中には、私が大好きな「嫌われる勇気」がありました。 この本との出会いは5年前でしょうか。 別の朝活で紹介された本でした。 当時、あまりにもその本の内容が心に響きまして、3度ぐらい読み直して そのあと、A4用紙4枚分のレポートを書いたという熱中ぶりでした(笑) 「課題の分離化」 「あの人の期待に応えるために生きてはいけない」 「ダンスを踊るように生きる」 「共同体」 などなど 単語だけだと、意味が分からないと思いますが、生きるうえで自分自身の指針となるキーワードが多くでた本でした。 この本を読んで、響いたという人もいれば、全く響かなかったという人もいると思います。 この本は気にしいの人が心に響きやすいのかもしれません(笑) 「嫌われる勇気」に限らず、本というのは面白いもので、人によって全く感想が変わります。 今日は「保険はいらない」という極端な主張の本をアウトプットしましたが 保険に対する意見も皆さんそれぞれ違い、そうだよねという方もいれば、うーんと唸る方もいますし、いやいや、こういう考え方もあるよという方もいました。 こういう場で大事な考え方として、「自分の意見は言うけど、押し付けない」というスタンス・心持ちでいられるように私はしています。 まさしく、嫌われる勇気の「課題の分離化」と同じで、課題の分離化では、自分の課題と他人の課題を明確にして、それが他人の課題であるなら、それは強要出来ないと言う考え方です。 自分と他人の分け方の基準は、その事が問題になった時、誰が不利益を受けるかで分けられます。 本の中に出てきた例では、勉強をしない子供がいて、その子に母親が勉強をすすめますが、やらない。 母親としては、子供の将来のために、、と思い強く強要したくなる気持ちに駆られますが、さて、勉強をしなくて不利益を被るのは誰か? と、言う話です。 まぁこう書くと、そう言ってる割にはいわきん押し付けてないか?と言われそうですが(笑) その境地に達するにはまだまだ修行がたりませんね。 有意義な時間になりました。 ありがとうございます。

そうだ、朝活へ行こう!

2019/05/22 いわきんさん ・サークル管理人

2019/05/22 5/22(水) 読書会

そうだ、朝活へ行こう!

2019/05/22 いわきんさん ・サークル管理人